【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】黒しっぽ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】黒しっぽ

スポンサーリンク


少し不思議な話。

俺が工房の頃、
バイトで貯めた金で念願の原チャリを買った。

仲間内で原チャリを持ってなかったのは俺だけだったので、
喜びもひとしおだった。

朝はギリギリまで寝て、
遅刻確定の遅いチャリを抜き去って、
学校のそばの仲間の家の駐車場に滑り込む。

そこの奴と一緒に登校。

学校帰りは、
同級の奴らと原チャリでそのへんを流すのが日課になっていた。

暇があると、
俺は原チャリにワックスがけしてピカピカにしてた。

そんな俺にも悩みがあった。

それは、近所を徘徊する野良猫だ。

近所の馬鹿が餌やりしてるので、
野良猫は近所に居座り、
いつも俺の原チャリのシートで寝てやがる。

猫の肉球にはアブラがあり、
俺のシートに猫の足跡がつく事が何度もあった。

猫の肉球のアブラ汚れは落ちにくく、
特殊なクリーナーで掃除しないと落とせないほど強力だ。

俺はシートで寝ている猫を見かけるたびに、

「あにやってんだ、ゴルァ!」

と箒で追っ払っていた。

慌てて逃げるので、
シート以外のボディも傷がつく。

しろい体に尻尾だけ黒いその野良猫に、
俺は『黒しっぽ』と名づけ、
鋭意警戒をしていた。

黒しっぽとの終わりの無い攻防が続いたある日、
近居の消防らにエアガン乱射されてる黒しっぽに遭遇した。

ザマァねえぜ、黒しっぽ。

俺は通り過ぎようとしたが、
消防三人の容赦ないジェットストリームアタックは超強力で、
瞬く間に黒しっぽは追い詰められた。

抵抗できない黒しっぽに浴びせられるBB弾。

俺は何故か

「オラ!ガキ!あっち行けや!!」

と消防らを追っ払った。

それは黒しっぽを庇ったというよりは、
俺の獲物を横取りされた怒りがそうさせたのだった。

黒しっぽは恩人である俺に思い切りガン垂れて、
サッと走り去った。

「あの野郎・・・!!」

それ以来、
ぱったりと姿を見せなくなった黒しっぽ。

おかげで俺の愛車はいつもピカピカ。

上機嫌な日々が続いたある秋の日、
俺は仲間の家に入り浸って、
夕暮れ時に帰宅の途についた。

フンフンと鼻歌交じりに原チャリを流す。

いつもの交差点を直進すれば家はすぐそこだ。

信号が青だったので、
減速せずに交差点に進入しようとしたその時、

「グバン!」

何かにぶつかった。

俺が急ブレーキを掛けた瞬間、
すぐ目の前スレスレを、
信号無視のトラックが猛スピードで通り過ぎた。

「あぶねぇ・・・轢かれそこなったぜ・・・」

ホッとした俺は、
何にぶつかったのか気になり周囲を見回した。

・・・そこには見覚えのある猫の死体が転がっていた。

・・・黒しっぽだった。

俺はもともと恩返しなんて信じる人間じゃなかったし、
まさか黒しっぽがトラックに轢かれそうになった俺を、
身を挺して庇ったなどとは思えなかった。

そんなこと、あるわきゃネーよ。

そう思いながらも、
俺は何故か黒しっぽの弛緩した死体を抱いて号泣していた。

原チャリの前面には、
黒しっぽの毛が風にそよいでいた。

俺はそれをきっかけに、
原チャリを仲間に売り払った。

仲間は

「気にしすぎだって。違う猫じゃねーの?」

と言っていたが、
俺にはそうは思えない。

今でもバンプのKを聴くと、
何故かあの黒しっぽの事を思い出す。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント