【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】Y

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】Y

スポンサーリンク


ある日、私の家(アパート・一人暮らし)の郵便受け(1階)に、『Y』という名前が汚く鉛筆で書かれていた。

私の苗字はYではない。

不思議に思ったが、いちいち私の部屋の3階から消しゴムもってきて消すのも面倒なので、そのままにしておいた。

それから一年ほど経って、ある日家の郵便受けに宛名なしの封筒が投函されていた。

文面は、『あなたの行動に対し警察が動いています。そのことをよく理解してください』。

なんじゃこりゃ?と思いながらもちょっと気味悪くなったが、そのままにしておいた。

それから二ヶ月ほどたって、学校から帰ってくつろいでいるとドアをノックする音。

友人が遊びにきたのかと思いドアを開けると、ちょっとかっこいい男の人。
その男の人は開口一番「Yさんですか?」。
私「いや違いますけど・・・新聞勧誘?(郵便受け見たのかな?)」
男「いえ、実は・・・」といって、ここに来た理由を話し始めた。

その男性(「Aさん」としときます)は、一年程前(ちょうど『Y』と書かれたあたり)から、
家や仕事場に嫌がらせの手紙や無言電話がひっきりなしにやってきていて、
その手紙は私の家の住所から送られてきていて、差出人は『Y』とのこと。

私はもちろんそんなことはやってないので、
誰か知らないうちに郵便受けに『Y』と書いたということ、私は『Y』ではないことを学生証を見せて説明した。

Aさんは警察に相談し、そして警告のために私のところに手紙を投函したそうです。

しかし腑に落ちないのは、
私の家からAさんの家は10キロ以上離れているのに、なぜ私の住所を騙って手紙や電話を出しているのか、
わざわざ私の家の郵便受けに『Y』と書く必要があったのか、
そして一番分からないのは、
私のところに投函された手紙と全く同じ文面の手紙が、その後Aさんの家にも投函されたのか、
ということです。


半年ほど経って一回Aさんとは電話で話をしたのですが、そのときはまだ犯人は分からないとのことでした。

相変わらず嫌がらせは続いている、といってました。

もう2年ほど前の話で、それ以降連絡とって無いのでその後は知らないです。

地方出身の私にとっては東京が怖くなりました。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】長電話ギライの母親
【ほん怖】階段を昇ってくる
【ほん怖】ホラー系恐怖漫画の古本
【ほん怖】小さな石橋
【ほん怖】天井裏から

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント