【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】ここにいる理由

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】ここにいる理由

スポンサーリンク


遠方の実家は、両親と長男の弟で3人暮らしをしていました。

5年前、長男(38歳)が2階の自室にあるクローゼットで練炭自殺をしました。

父(73歳)が7月7日に倒れて入院しました。

肺気腫が末期状態で、肺炎を患いました。

7月8日の午後8時頃に、
もう今夜が山だと病院から電話があり、私は直ぐに行きました。

父を見た私は震えました。

体は半分になり、面影が無くなっていました。

実は私は3年程前から、家族(両親と弟2人)とある事で疎遠になっていました。

先生の話では今夜が山で、もっても1週間が限界だと言われました。

そして、体内年齢が90歳だと。
幸い山を越え、何とか落ち着いてきてくれて、
皆家族3日間病院に付きっきりでしたが、末っ子の弟が仕事の都合で帰りました。

次男は当分仕事を休める手配をして残りました。

私は専業主婦で子供がいないので、当分こちらにいる事にしました。

夜は3人が交代で付き添う事にしました。

まず母と私が実家に帰る事にしました。

実家には祖父と祖母、自殺した長男の遺影が飾ってあります。

長男の遺影を見てぞっとしました。

目から涙のような染みが沢山出ていていました。

真顔な顔の写真なのですが、本当に泣いているように見えます。

母に聞くと、その染みは直ぐに出始めて、少しずつ増えていってるそうです。

私はなんだか悪寒がおさまらず、寝る所を一階のリビングにして、布団を敷いて寝ました。

翌日のお昼頃に、病院に戻る為タクシーを呼びました。

田舎なのでバス停へはかなりの距離があり、本数も一時間に1本。

タクシーが着き、玄関のベルが鳴りました。

母と私が立ち上がると、2階から白い人影スーと降りて来て、
玄関の方に向かって行きました。

私はすこぶるぞっとしましたが、
母はまたかのような顔をして、さほど驚いていません。

ちなみに皆、実家で不思議な体験をしているそうです。

それから私は一度も実家に行ってません。

病院の2階が閉鎖されていて、
許可を得て娯楽室のような場所の長椅子に寝ています。

こちら方が怖くありません。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】裏バイト
【ほん怖】おばちゃん相談員
【ほん怖】パソコンの異変
【ほん怖】親族の遺骨
【ほん怖】お得なテナント物件

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント