【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】パラオに行ってきたオカン

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】パラオに行ってきたオカン

スポンサーリンク


実家のおかんの話。

うちのおかんは自称霊が見えるヒトで、
元は看護婦だったんだが、
今は某私立女子校の保健室の養護教員してる。

この前、修学旅行の引率の先生として、
パラオに行ってきたんだ。

で、留守中、ばあちゃんひとりの実家は不用心なんで、
俺、おかんが帰る日まで実家に滞在してたんだ。

おかんが帰った晩、
タイミング悪くてその日も実家にとまることになった。

その夜なんか寝苦しくて、
後で思うと家鳴りがいつもにも増して酷かった。

うちは古い木造住宅で、
建材のパキパキ音は子供の頃から日常茶飯事だったので、音にも慣れてたが、
その日は特に多く、深夜起きて、気になってなかなか眠れなかった。

それに、聞きようによっては、
廊下を誰かが歩くようなの軋み音もあったが、
その時は、この家はこういうもんだと思ってた。

数日後、母からあっけらかんと言われたこと。

「パラオで、旧日本軍の兵隊さんがいっぱいいたんで、
日本迄つれてきてあげたのよー。
だって、まだ終戦をしらずにうろうろしてて、なんか可哀想じゃない?
しばらくうちにいたんだけど、大多数はどっか行っちゃった。
何人かは行き先わかんないらしくて、しばらく家にいたのよ。
うちいきなり人口密度が高くなって、酸欠ぎみになっちゃってて、
それに、人が多いと狭い家がもっと狭くなるから、
この前靖国神社へおいてきたわ」

って。

オイオイ、幽霊ホームステイさせてたのかよ・・・

「だって、別になんか悪さする訳じゃないし。
そういえば彼等は、飛行機無賃乗車だね」

と、どこまでも明るく言い放つオカンでした。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント