【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】中州の町

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】中州の町

スポンサーリンク


岐阜と愛知の境に木曽川が数キロだけ二股に別れたところがあって、
中州の町に祖父の家があった。

子どもの頃、
遊びに行くと河原や堤防でよく遊んでたんだけど、
川が2本あるから、
どの橋をどう渡るとどこへ行くのか把握できてなかったんだな、
バカだから。

ある年の正月、
一人で出かけたら迷ってしまい、
どちらかの川の堤防沿いのどこかをさまよってた。

すると倉庫のような工場のような建物があって、
誰かいるかも、と近寄っていった。

近づくとどうやら空き家らしく、
人気はなし。

ところどころガラスが割れた窓の一つに、
何か書いて板が内側から立てかけてあった。

『中にこどもがいます。石をなげないでください』

なんだかものすごいヤバい場所に来てしまった感じがして、
慌てて引き返し、

無我夢中で歩いているうちに見覚えのある公園に出て、
超ほっとした。

祖父んちにたどり着いてすぐに、
親や親戚に話したけど華麗にスルー。

以来確かめたことないんだけど、
あれは一体なんだったんだ・・と思い出した。

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント