【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】右側に出る

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】右側に出る

スポンサーリンク


十数年前に母方の叔父が病気で亡くなった。

部活で脚を故障してた俺は、叔父の49日の法要には出席できなかった。

で、法要から帰ってきた母から聞いた話。

法要で集まったみんなの近況を聞いていると、
妙に怪我人が多いことに気がついた。

伯母1は仕事中の事故で右腕を骨折、
イトコ(伯母2の息子)は学校でふざけてて右目に怪我、
伯母3はやかんのお湯で右手にヤケド、
イトコ(伯母4の娘)は右耳が難聴、など。

なぜか右側にばかり異常がおきている。

そういや俺の故障も右脚だった。

そうしたら、喪主の挨拶で義叔母(叔父の奥さん)が、

「今日まで毎日泣き続けてました。
幽霊でもいいから帰ってきて、ってずっとお祈りしてたんです。
でも、49日で成仏してしまうんですよね。
これからもっと寂しくなります…」

などと言出した。

それを聞いたお坊さんがやんわりと義叔母をたしなめてくれて、
なんとか法要は無事に済んだ。

後で母たちがお坊さんに聞いてみたところ、

「男性の霊の障りは右側に出る」

とのこと。

最近の怪我人続出は、
義叔母のことが心配で成仏できなかった叔父が、
親戚のみんなにそのことを訴えていたからではないか、と。

親戚一同はあらためて叔父の冥福を祈ったとのこと。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】人通りの少ない夜道
【ほん怖】訳が解らない
【ほん怖】お別れ
【ほん怖】林の中にある病院
【ほん怖】某道東の廃村

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント