【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】喜怒哀楽のプラネタリウム

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】喜怒哀楽のプラネタリウム

スポンサーリンク


あんまり信用ならん話なんですけど……
友人がどこからか仕入れてきた話。

結構霊感のある一人の男がいたらしい。

そいつがふと夜中に目を覚ますと、天井に顔がびっしり埋まっていた。

まあそいつはもう慣れたもんで、ひとつひとつ顔を見ていったそうだ。

ほとんどの顔は見覚えのない奴で、にたにた笑ったり、無表情だったり、
喜怒哀楽のプラネタリウムって感じ。

ただ、明らかにこちらを意識してるのは確かだった。

その中にひとつ、異様な顔があるのに男は気づいた。

その顔は何かを必死に叫んでいて(声は聞こえないらしい)、
どうやら『助けてくれ!』って叫んでるようだった。

そしたら周りの顔が急にすごい形相になって、
その叫んでる顔をぎゅうぎゅう押し始めた。

それが気持ち悪いのなんの、口で言い表せない程だったって。

さすがに慣れてる男も目を瞑ってしまった。

すると天井から(恐らくあの顔?)、
身の毛もよだつような恐ろしい叫び声が聴こえた。

男はそのまま失神してしまった。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】消えた友達
【【ほん怖】誰からも好かれていた母
【ほん怖】奇妙な軽トラック
【ほん怖】○○岬の神社
【ほん怖】無自覚な罪

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント