【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】居間のドアを開けた瞬間

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】居間のドアを開けた瞬間

スポンサーリンク


小学校低学年のころ、
妹とふたりで外から帰ってきて、居間のドアを開けた瞬間、
一瞬、居間の壁のうち、庭と道路に面しているふたつが透き通っていて、
部屋の真中には火柱があがっている・・・ように見えた。

次の瞬間には見えなくなっていたんで、気にしていなかったけど、
うしろからおばあちゃんが来て、「不動さんの巡回や」って言ったのにビクッとした。

「それ何?なんで(そんなこと言うの)?」と何度も聞いたけど、なんだかハッキリとは答えてくれなかった。

夕食時に妹が、「きょう、お部屋が燃えてるかと思ったー」って言ってるのを聞いて、もいっかいビクッとした。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】海での夜釣り
【ほん怖】違和感のある部屋
【ほん怖】告別式の帰り
【ほん怖】白石川での渓流釣り
【ほん怖】キャンプ場の獣

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント