【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】息子と釣りに行ってから調子が悪かった

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】息子と釣りに行ってから調子が悪かった

スポンサーリンク


息子と釣りに行ってから、
風邪を引いて様な感じでずっと調子が悪かった。

2週間位して、
家の前で洗車してたら知らない婆さんに話しかけられた。

婆「池に行ったやろ?」

俺「ハァ?」

ただのボケ婆かと思った。

この婆が、
俺が釣りするなんて知っている訳が無いのだ。

その婆をしばらく見つめた後から
俺の記憶が1時間ほど無い。

此処からは見ていた嫁から聞いた話。

俺は急に倒れて、

「おとうさんがくるって、おとうさんがくるって」

と叫び続けたそうだ。

婆は

「この人はアンタの父さんやない。父さんやない。
冷たかったやろ、冷たかったやろ」

と俺の身体をさすり続けたそうだ。

この時点で嫁はパニック。

隣のおっちゃんを呼ぶ。

家の中に移され、
おっちゃんと婆に押さえつけられて、
騒ぎは20~30分位続いたそうだ。

婆が俺の背中に当てていたタバコ大の紙を巻いた物(護符?)を
皿の上で燃やしたところで、俺の意識が戻る。

俺は池で水死した子供の霊に憑かれていたそうだ。

その後もなにが起こったか理解していない俺、嫁、おっちゃん。

婆は、遊びに行った池に水とお菓子をお供えし拝み、

「家の中に何か神仏を祀りなさい」

とアドバイスして帰った。

それと、嫌な雰囲気のある土地に行ったら、水と何かお供えし、

「何も出来ません。ごめんなさい」

と拝むと憑いてこないそうだ。

お礼も受け取らない不思議な婆に助けられた・・・のか?

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント