【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】日本海側の観光地

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】日本海側の観光地

スポンサーリンク


旅行雑誌の取材で日本海側の観光地に行った時のことです。

市の観光課の人に案内されカメラマンと一緒に車で周り、取材が終わったのは21:00過ぎのことでした。

カメラマンは次の仕事があるためそのまま車で帰り、私は朝市取材のために現地のホテルに泊まりました。

寝る前にその日の取材メモを整理していた時のことです。

案内された中に、海岸沿いの断崖絶壁がありました。

とても綺麗な場所でしたが、ふと妙な感じがして、観光課の人に質問を。

「もしかして、ここ、自殺の名所じゃないですか?」

観光課の人は一瞬目を丸くしました。

そしてニヤニヤと笑っていましたが、やや間を置くと「どこで聞いたか知らないけど…」と真顔になり、

「十年くらいまでは、ね。今はそんなことないですよ。あっても年に4人ぐらいで」

いやいや、十分に名所だろうと思いつつも、私もうやむやにしました。

メモの整理を終え、風呂に入り、歯を磨いたのは夜11時頃でしょうか。

その日の夜は、明日に備え早めに就寝しました。

次の日の朝、起きて洗面所に行き、顔を洗い、歯ブラシを見てギョッとしました。

歯ブラシに、長い髪の毛が何十本とビッシリ巻きついているのです。

ギャッと叫んで歯ブラシを放り出すと、もうひとつの異変に気付きました。

洗面所の中が磯臭いんです。まるで海水をそこらにぶちまけたような臭いがプンプンと。

私はたまらなく怖くなって、急いで着替えるとバッグを持って部屋を飛び出しました。


この話はここまでです。

実話というのは本人には気持ち悪いものですが、いざこうやって書き出してみるとつまらないものですね。

仕事のネタにならない怖い体験なんか真っ平ごめんです。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】赤い人
【ほん怖】着陸
【ほん怖】田舎の夏
【ほん怖】怖い生活指導の先生
【ほん怖】怪奇と煙草

拍手[3回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント