【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】海の近くにある親戚の家

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】海の近くにある親戚の家

スポンサーリンク


海の近くにある親戚の家に泊まった時の話。

夏だったけど、そこの家の子が喘息もちで
蚊取り線香の類は使っておらず、代わりに蚊帳を釣ってくれた。

夜中寝苦しくて目が覚めた。暑かったので縁側から外に出た。

少し無用心かと思ったけれど、網戸とカーテンだけ閉めて海の方へ散歩に出た。

昼間歩いたときはすぐだったのに、いつまで歩いても海にたどり着かない。

道の両側の家並みが妙に狭苦しくて、おしつけられるような感じで気分が悪かった。

やっと海が見えたので砂浜に下りると、
昼間は乾いていた所にまで潮が満ちてきていて、その水が生ぬるく、
いつのまにかサンダルも脱げてしまっていて、
恐くなったので走って家の方へ戻ると、あっという間にたどり着いた。

閉めていたはずのカーテンが開いていて、見ると蚊帳の中に寝ている奴がいる。

腹が立ったので近づいて見下ろすと自分だった。

そこではっとして目を覚まし、体を起こして蚊帳の外を見ると、
カーテンが開いていて、もう外は明るくなりかけている。

縁側から蚊帳の裾の畳の上まで、砂まみれの足跡がついていた。

布団から足を出してみたが、少しも汚れていなかった。

サンダルはなくなっていた。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】着陸
【ほん怖】田舎の夏
【ほん怖】怖い生活指導の先生
【ほん怖】怪奇と煙草
【ほん怖】日本海側の観光地

拍手[2回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント