【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】暗い田んぼ

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】暗い田んぼ

スポンサーリンク


親戚みんなから気味悪がられてる孤独な人(以下Aさん)がいて、
俺は中学生の時分そのAさんが好きで、
よくAさんの家に遊びにいってた。
(正直今も結構好き)

そんなAさんがある日話してくれた、
Aさんが子供のときの話。

田舎の学校って、教材費とか設備費のために
イナゴの佃煮を売るんだけど、
そのイナゴを生徒に集めさせるんだよ。

それで、Aさんは鈍い子だったから、
期限ギリギリまで集めてもノルマを達成できなかった。

学校はもういいって許してくれたんだけれど、
Aさんの親父がそれを聞いて、

「学校にもうしわけない。だから集めて来い」

と、Aさんを外に放り出した。

ひどい話で、Aさんはもう涙ぼろぼろ流しながら、
暗い田んぼでイナゴを集めていたらしい。

そしたら、遠くのほうに明かりがぼうっとついた。

しかし、明かりのついたあたりは田んぼばかりで、
さらに先の方は森になっていて、人は住んでいない。

それで不思議に思って、
その明かりの方向を見てみると、何かが燃えてるわけだ。

結構大きな火で、
最初は誰かが焚き火をしているものだと思っていたんだけれど、
その火の色が少し変だった。

赤になったり緑になったりするんだ。

おかしいなあとは思ったらしいが、怖くはなかったそうだ。

むしろ綺麗に思ったらしく、ずっと見ていた。

それでずっと見ていると、いきなり後ろがまぶしくなった。

Aさんの母がAさんを探してやってきたんだ。

Aさんの母は怖い顔をして、

「いつまで、集めてるんだ!」

とAさんに怒鳴った。

「だって」

と火の方を指差しても、Aさんの母は

「ただの焚き火だ」

という。

Aさんが家に戻ったときは、午後九時を過ぎていた。

家を追い出されたのは午後七時で、
火を見つけたのはすぐだと言うから、もう二時間もたっていたわけだ。

次の朝。その場所で人だかりが起きていた。

警察もいて、まあ、この手の話を聞いたことがあるなら
だいたい予測がつくだろうけど、
燃えていたのは人だったんだな。

その話を聞いて、「気味悪いね」って俺が言ったら、
Aさんは、「でも綺麗だったんだよ」って。

「ほんのりと怖い話」の関連記事

【ほん怖】置いていった
【ほん怖】駅のホーム
【ほん怖】ヒモロギアラシ
【ほん怖】不幸の前に現われる

拍手[0回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント