【ほん怖】ほんのりと怖い話まとめ - 【ほん怖】鈴と赤い布がついた棒

【ほん怖】ほんのりと怖い話をまとめました!「怖い話は好きだけど、眠れないほど怖い話は読みたくない!」そんなあなたにぴったりな『ほんのりと怖い話』をお楽しみください。
【ほん怖】鈴と赤い布がついた棒

スポンサーリンク


ウチの近所の海は浜辺に、
鈴をくくりつけた棒が立ててある。

赤い汚い布きれが巻いてあるんだが、
昔、死体が流れついてくるとその鈴が鳴るらしい。

その鈴の音が拝み屋に聞こえるらしく、
遺体の始末と供養を拝み屋がやってたらしい。

毎年決まった時期、
場所に死体が上がるという海でもあり、
地元では有名だ。

鈴をくくりつけた棒に赤い布が巻いてあるのは、
鳥居の代わりであるのかも知れない。

浜辺だから、
普通の鳥居では簡単に倒される。

裕福でない寒村においては、
鳥居を立て替えるなどの余裕はないから、
棒を建てて赤い布だけを巻いたのだろう。

海神を祀る印であった可能性がある。

あるいは、神と呼ぶにはばかる存在であるので、
鳥居の代わりに棒なのかも知れない。

祀る村人の心に応えて、
海で亡くなった人をそこに送り届けてくれるのだろう。

拍手[1回]


コメントを投稿する

HN
タイトル
メールアドレス
URL
コメント